スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
クリード


『クリード供を公開初日に観ました。
しょーもない邦題(クリード:炎の宿敵)はあえて使わないでおきます。
『ロッキー』クロニコル(と勝手に名付けた)の最新作。
前作『クリード』が秀作だっただけに、その続編は蛇足にしかならないと思いましたが、今回はスタロ―ンも脚本に加わって前作に勝るとも劣らないエキサイティングな作品に仕上がっていました。
『ロッキー検でアポロを死に追いやったドラコを再登場させ、互いの息子同士を戦わせるという安易な物語・・・・ではなく、アポロとアドニス、ドラコと息子ビクター、ロッキーと息子ロバート、ロッキーとアドニス、そしてアドニスと娘という、重層的な“父子のドラマ”になっていて、深く感じ入るところが多々ありました。
そういう意味でも、『ロッキー4:炎の友情』に絡めただけの邦題は明らかに間違っています。
いやぁ、良かったです。



実は鑑賞後に『ロッキー検戮鮓直しました。
シリーズの中で最も中身が無いと思っていたのですが、『クリード供戮砲弔覆る物語として観ると、作品の印象がガラリと変わりました。
最新作を通して過去の作品に新たな価値をもたせるなんて、やはりスタローンは稀代のストーリーテラーですね。
果たして、『クリード』の三作目はあるのでしょうか。
ここまできたら、独り立ちしたアドニスと、最後まで彼を見守りながらリングサイドで人生を終えるロッキーを見てみたい!



| 銀幕の彼方に | 21:13 | comments(2) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - | ↑TOP
邦題のことなんて全く考えてなかったけど
睨みあったタイトル画像と、内容を考えるとこの邦題アリかな? と思えるww
しかしドラゴ息子の人は本物のボクサーなのだとか
哀愁感漂う感じがよかったです

でも本物のボクサーぽく見えたのはアポロの息子アドニス
俳優さんはすごいと思った


私もロッキー幻直してみたくなりました。












| カシス☆ | 2019/01/20 8:22 PM |
>カシスさん
向かい合ってるのは日本版のポスターだけですよ。
邦題に合わせてデザインしたのでしょうね。
「炎の宿敵」なんて、日本語としても意味分からん(苦笑)
ロッキー4の邦題(炎の友情)も最近のDVDからは消えてます。
それはさておき、作品はとても面白かったです。
シリーズ全作を見直そうかと企んでます(笑)

| まじぞう | 2019/01/20 11:39 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE