ボヘミアン・ラプソディ


昨年は記事を2本しか投稿しなくて(苦笑)、映画のことはまったく書いていませんが、2018年のマイベストはこれです。
今もロングランが続いており、巷ではCDや関連書籍、ライブBD・DVDが売れて、ちょっとしたクィーンブームがおこっていますね。
1973年にデビューしたクィーンは、僕が洋楽を聴きはじめた中学・高校生の頃にはすでに伝説のロックバンドになっていて、映画で流れた曲は知っているものばかりでしたが、歌詞をしっかり読んだのは今回が初めてでした(^^;)
常識にとらわれないボヘミアンとして自分の思うままに生きようとするフレディ・マーキュリー。その為に周りとの軋轢が生まれ、孤独感にさいなまれますが、ラスト、すべてを乗り越えて臨んだライブエイドで演奏される歌の歌詞にそれまでの彼の生き様が見事にシンクロして、涙腺が崩壊しました。
鑑賞後すぐにポチった “本物のライブ” も素晴らしく、この年始もクィーン三昧になりそうです。
まだの方は、できるだけ音響の良い映画館で、ぜひ!



| 銀幕の彼方に | 01:16 | comments(2) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 01:16 | - | - | ↑TOP
本物のフレディはラミ・マレックより全体に大造りでよりダイナミックでしたね(でもどちらも好き)
あんなにエネルギッシュだった人が
もういないなんて・・・・・

ボヘミアン・ラプソディーの衝撃が大きすぎて
年末年始と引きずって
次に見たい映画が決まらない
( ;∀;)


私事で年頭の挨拶はできませんが
今年もよろしくお願いいたしますね


| カシス☆ | 2019/01/02 12:52 PM |
>カシスさん

本年初コメント、ありがとうございます。
本物のライブも良かったです。
ライブエイドのを繰り返し見てます(笑)
映画を見てから本物を見ると、あの屈強そうなフレディがとても繊細で儚げに見えますね。
次は「クリード2」「アクアマン」あたりかな。

| まじぞう | 2019/01/03 2:34 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE