ブレードランナー2049


公開初日に観ました。
リドリー・スコットの傑作『ブレードランナー』から35年を経て制作された続編です。
主演はライアン・ゴズリングとハリソン・フォード。
監督は『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
前作の雰囲気をうまく継承しており、最後まで失望することなく面白く見ることができました。
AIの進化が目覚ましい “今だからこその問題提起” が随所に散りばめられており、前作が提示した「人間とは?」「人間らしさとは?」という問いかけを現代的にブラッシュアップしているところは見応えがあります。
ただ、これを『ブレードランナー』(デッカードの物語)の続編として作る必要はあったのか? 
そもそも、あの物語がこのような続編を必要としたのか?
は大いに疑問の残るところです。
語る価値のあるストーリーだけれど、続編として語るのは蛇足な感じがしました。
今回の話のキーとなる「記憶を植え付けられることの悲哀」は、既にフィリップ・K・ディックの原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』に印象的なエピソードとして出てきています。
『ブレードランナー』の舞台を背景にして、(あえてデッカードを絡まさず)前作以上に「人間性が揺らいだ世界」に生きる “もう一人のブレードランナーの物語” として描けば、もっとスリリングで自由な傑作が誕生したかもしれません。
そう思うと、ちょっと残念な気がしました。
個人的には好きな作品です。

【追記】
前作を観ていないと話が見えません。
未見の方は、是非予習をしてから劇場へ(^o^)


| 銀幕の彼方に | 23:19 | comments(0) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE