4年後を見据えて
衆議院総選挙たけなわ。
「政権選択の選挙だ!」と息巻いていた希望の党は「政局が好きなだけの女」という百合子さんの本性が見えてしまって公示前から失速。
人気急上昇中の立憲民主党も候補者を立てきれず「反自民の受け皿」としては役不足。
てなわけで、はやくも自公圧勝の予想が出ていますね。
ツイッターでは何度もつぶやいていますが、安倍政権にお灸をすえる千載一遇のチャンスを潰したのは、ひとえに「民進党の戦略ミス」です。
小選挙区選挙である以上、3番目では意味がありませんから、希望の党と合流するという選択も分からないではないけれど、小沢一郎が何度もやってきた「政権奪取のための無節操な数合わせ」が成功しなかったことは周知の事実。
国民もそこまで馬鹿ではありません。
何より、唯一政権交代を経験した民進党(民主党)という政党を失ってしまったのは、日本政治にとって取り返しのつかないことだと思います。
そういう意味では、前原氏と彼の提案に満場一致で乗っかった民進党議員の罪はトンデモナク大きいと言わざるを得ません。
でも、終わったことを嘆いていても仕方がない。
次のことを考えなければ。
もうね。
与党を批判するだけの政党は要らない。
自ら「反自民の受け皿になる」などと言っている政党も要らない。
今の日本に必要なのは、与党に対して現実的な対案を出せる政党、政策を提起できる政党です。
これから4年、シンゾーちゃんのもとで暗黒政治が行われます。
でもその分、政治に波風が立つことも多いでしょう。
僕はもう一度チャンスはあると思っています。
枝野氏でも誰でもいいけれど、本当に志のある政治家がいるのなら、次の選挙に向けて地道に組織を固め、政策を鍛えてほしい。
そして、僕らに具体的な「日本の未来像」を見せてほしい。
選挙は終わっていないけれど、僕らはまだこの国をあきらめるわけにはいかないのだから。

| マツリゴトな人々 | 00:26 | comments(0) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE