スパイダーマン・ホームカミング


公開初日に観て来ました。
『スパイダーマン・ホームカミング』
監督はジョン・ワッツ。
主演はトム・ホランド。
MCUとしてリブートされた新シリーズ第1弾です。
一足先に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で登場しましたが、その時の印象通り、これまでで一番若く軽やかなスパイダーマンが描かれています。
このノリには賛否両論あるだろうけど、ボクはとても楽しく観ました。



トニー・“アイアンマン”・スタークとの師弟関係も新鮮で良かった。
敵のヴァルチャー(翼男)を演じるのがバードマンandバットマン(マイケル・キートン)なのも配役の妙(笑)
将来、マーベルとDCのクロスオーバーがあったりして(^^;)
超ハイテクな「喋るスーツ」(カレンの声はジェニファー・コネリー!)もナイスアイデアだし、最後は「お手製のツギハギスーツ」で戦うという演出もニクイ!
唯一の難点は、スパイダーマンが不死身すぎること(苦笑)
もっと傷だらけになって命がけで立ち上がってくれたら、オッサンの中の「子ども心」が感動で震えたかもしれない。

ストーリーとは別に興味深かったのが配役の人種。
主人公のピーター・パーカーは白人だけれど、親友はアジア系、憧れの彼女は黒人、メイおばさんはイタリア系。
「大統領の意向」を忖度することなく、最近のアメリカ映画はこういう細やかな配慮がなされていますね。
というか、それを求める世論が強くあるのでしょう。
そんな「お国の事情」も含めて、とても面白く観ることができました。

最後に出て来た囚人はスコーピオンというヴィランになるそうな。
次作もしくは『アベンジャーズ』への伏線か?
「仲間を集めている」と言っていたので、(DCの『スーサイド・スクワッド』のような)ヴィランを集めたスピンオフが予定されているのかも。
いずれにせよ、マーベルの勢いはまだまだ衰えそうにありませんね。

次はDCEUのこれ(↓)を観る予定です。


| 銀幕の彼方に | 20:11 | comments(2) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 20:11 | - | - | ↑TOP
ブログ読ませてもらって分かりにくかった世界がちょっとわかりやすくなりました
次作の伏線もあったんですね?

しかしマーベルもアベンジャーズも馴染みのない私にはストーリーがますます複雑化するような気が・・・・・
実はトビー・マグワイアの単体のスパイダーマンが懐かしかったりします
ワンダーウーマンも観たいけどわかるかなー(-_-;)
| カシス☆ | 2017/08/18 10:21 PM |
>カシス☆さん
コメントありがとうございます。
分かったようなことを書いていますが、僕もMCUは『アイアンマン』の1作目と『シビル・ウォー』しか観ていません(苦笑)
特に知らなくても楽しめます。
でも、『シビル・ウォー』は面白いので、ぜひ観てください。
今度の『ワンダーウーマン』は単体映画なので全然大丈夫だと思いますよ。アメリカでの評価も興行成績も良いので、安心して?観られると思います。
| まじぞう | 2017/08/19 1:04 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE