WWDC2017雑感


ディベロッパー向けの定番イベント。
今年はOSの最新バージョンに加えて、たくさんのハードが発表されました。
10.5インチのiPad Pro
MacBookファミリーのバージョンアップ。
iMacのバージョンアップ。
そして、モンスターデスクトップiMac Proと新しいカテゴリーのHome Pod



まずはiMac Pro
このマシンのスペックは衝撃的だったなぁ。
「コンシューマー向けデスクトップ」という位置づけからすると、これはもはやiMacじゃない(苦笑)
おそらく、AppleはMacのマトリックスを変えたのでしょう。
iMacは「コンシューマー向けの入門機」ではなく「ディスプレイ一体型」の呼称になった。
ホンマかな?(笑)
でも、この方がスッキリしますね。



しかし個人的には、(同じオールインワンデスクトップとして)スペックよりギミックに凝ったこちら(↓)の方が気になります。




マイクロソフトのSurface Studio
傾きを自在に変えられるタッチパネルを搭載。
ペンやマウスに加え、ダイヤルという入力デバイスを備えています。
実用性は「?」だけれど面白い!



というか、AppleはMacにタッチパネルを装備することを頑なに拒んでいるけれど、Surface Studioこそ「本来のiMacがあるべき姿」なのではないか?と思ったりします(苦笑)
今回のバージョンアップで、フォルダが追加されたり、アプリ間でドラッグ&ドロップができるようになったり、iPad向けのiOSはさらにパソコンライクになりました。
こんなことをするくらいなら、前言を撤回して「タッチパネルを載せたMac」を出せばいいのに。
ん?
そうか。
21インチの巨大iPadに足をつけて、iPad Studioを出す気なのか(笑)
いずれにせよ、スペックを強調するiMac Proと、使う楽しさを提案するSurface Studioを見るにつけ、Appleとマイクロソフトの立ち位置が変わってしまったように感じるのは僕だけでしょうか。



お次はHome Pod
Appleはスマートスピーカーとしての出来をアピールしていますが、名称からして「家庭におけるIoTのハブ」をめざしていることは明らかです。
果たして、後発組としてAmazon EchoやGoogle Homeを越える“何か”を備えているのか?
Amazon EchoもGoogle Homeも日本では使えないので何とも比較のしようがありませんが、正直、iPhoneのHome Kitも使い道を見い出せず、テレビを見る習慣すら無い僕には、縁の無い製品かな(^^;)

ジョブズが亡くなってから6年。
毎年「順当な新製品」を世に送り出し、相変わらず株価は高く、収益も増えているけれど、Appleは一歩一歩「普通の大企業」への道を歩んでいますね。
かつてのソニーを見ているような気がします。

| Mac Life | 17:33 | comments(0) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 17:33 | - | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE